2013年9月27日 星期五

善峰寺的『遊龍之松』~西國三十三札所巡禮


善峯寺は西国三十三ヵ所観音霊場の第二十番札所です。
西元1029年源算上人開基:

善峯寺を開基した源算上人は因幡(鳥取県)に生まれ、9歳の正暦2年(991)、比叡山の恵心僧都源信(えしんそうず げんしん)に徒弟入り、13歳に剃髪した。師と仰ぐ源信の思想を受け、浄土は西山にあると比叡山の西、つまり西山のこの地に長元2年(1029)47歳の時、法華院と号する小堂を建て国の鎮護を念じた。5年後の長元7年9月、後鳥羽天皇から「良峯寺」の号を賜った。

有沒有人發現我所照的寺院寺頂都有紫光?

                                                              姿態優雅的多寶塔

多宝塔の前にある樹齢六百年の五葉松は 「遊龍の松」の名で呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。

「遊龍の松(天然記念物)」は、桂昌院お手植えの五葉松。昭和7年(1932)天然記念物に指定されている。遊龍の松は高さ2メートル余りだが、左右それぞれ20メートル以上も枝を伸ばし、その姿が龍に似ていることから、この名前が付けられた。

桂昌院:平安中期江戶時代德川五代將軍綱吉的生母
善峰寺寺內一株樹齡六百年的『遊龍之松』,枝葉繁茂蔓延,似蟠龍之姿而得名.

一開始便上傳我拍攝這整條龍的影片,但沒有成功,或許晚些在傳傳看?







因何能孕育出日本第一松?
答案應該是:
とにかく、寺の境内からの眺めが素晴らしい。京都盆地を一望できて、眼下には 桂川・宇治川・木津川が合流して淀川になるダイ...

大家只要看到這種扮相的雕像,應該就是弘海大師了





張貼留言